キャンと鳴いて動かない|加古川市の総合動物病院(犬・猫・エキゾチックアニマル)

はとの里動物病院

動物たちの病気と治療
Diseases and treatments

わんちゃん(犬)の病気について

キャンと鳴いて動かない
飼い主さんの声
どこかが痛いのか、突然キャンと鳴いて動きたがらなくなった。
当院の獣医師より
 疼痛を示す疾患は、整形外科疾患、神経疾患、消化器疾患、泌尿器疾患、循環器疾患など様々なものがあります。動物はどこが痛いのか話してくれないため、まずはどこの痛みなのかを探さなけらばなりません。そのためには、身体検査、血液検査、レントゲンなどの検査が必要となります。また、飼い主様の話も重要です。
 CT等各種検査の結果、椎間板ヘルニアでした。外科治療が必要となり、片側椎弓切除術を実施しました。かなりダメージがありましたが、内科的治療及びリハビリを続けて最終的に以前と同じように歩行可能になりました。

《椎間板ヘルニア》
■病態■
脊椎同士の間にある椎間板物質が脊柱管の方に逸脱し脊髄神経を圧迫・障害します。

■好発犬種■
ミニチュア・ダックスフント、ビーグル、シーズー、トイプードル、フレンチ・ブルドッグなど

■症状■
急性の頸部痛あるいは背部痛を示すことが多いです。神経障害のレベルや障害部位によって不全麻痺、対麻痺等を生じます。

■検査■
○身体検査(触診・視診・聴診)
○血液検査
○レントゲン検査(単純・脊髄造影)
○脊髄造影CT検査
○ MRI検査
○脳脊髄液検査

■鑑別疾患■
脊髄梗塞、脊髄腫瘍、脊髄炎、椎間板脊椎炎、骨折・亜脱臼、変性性脊髄症、進行性脊髄軟化症、大動脈血栓塞栓症、脊髄空洞症、整形外科疾患、重症筋無力症、内分泌疾患、ニューロパチーなど

■治療■
○内科的治療
 神経学的重症度の低い症例では保存療法にて、ある程度の改善が見込めます。
○外科的治療
 内科的治療に反応が乏しかったり神経学的重症度の高い症例では、外科的に逸脱した椎間板物質を除去したり、減圧させる必要があります。

■予後■
 神経のダメージは、病態により刻一刻と変化していきます。 深刻なダメージになる前に、適切な治療を行うことが重要です。 早めの診察でしっかりと治療されることが望まれます。
  • 椎間板ヘルニアの説明
  • 脊髄造影CT画像